(期間限定掲載)温かいお言葉を頂きまして、本当にありがとうございます!

スポンサーリンク
スポンサーリンク

温かいお言葉を頂きまして、本当にありがとうございます!

温かいお言葉を頂きまして、

本当にありがとうございます。

まだ、返信をできていない方

もいらっしゃいますが、必ず

返信をしますので、少しお時間

を頂きたく存じます。

お礼に特別の秘密を期間限定でお知らせ致します!

今回、お知らせするのは、

本当に大切なことです。

但し、多くのお父さん、

お母さんには、おそらく

「不愉快な」内容になり

ますので、「不快」に感じ

られたら、すぐに

このページを

閉じてくださいね。

後、すぐにこのページ

を削除したら、ごめんなさい。

(過激なので)

・子供の能力を伸ばすには?

・これから必要なことは?

というご質問を多く頂きました。

ありがとうございました。

そこで、温かいお言葉を

頂きましたお礼をさせて

ください。

本当に大切なことを

お伝えしますよ!

「自分の娘、息子を

 金太郎飴のような

人間にしないこと」

です。

「もし、お父さん、お母さんが、

 金太郎飴のような人間(失礼)

 なのであれば、変わる努力を

 することです。それに賛成

 できないのであれば、少なくとも

 子どもたちにそのことを

押し付けないことです。」

これを「本当に」「正しく」

実行することができたら、

多くの問題が解決するはずです。

よ~く、思い出してみてください!

なぜ、あなたは、娘、息子

から嫌われるのでしょうか?

私は

「皆と同じことをすることを無理強いするから」

が大部分だと考えます。

「えっ、どういうこと?」

と思われた、

お父さん、お母さん、

まずは自分で答えを

考えてみてください。

「心当たりはありませんか?」

がヒントです。

金太郎飴みたいな人間にしようとするから嫌われるのです

説明しましょうね。

あなたは、お子さんを

どのように教育されて

きましたでしょうか?

「多くの」

お父さん、お母さんは

「協調性」がある

お子さんになるように

「しつけ」をされたのでは

ないでしょうか?

日本は昔から「村八分」

という言葉ありますね。

若い方はご存知でしょうか?

ウィキペディアで見てみましょうか。

村八分(むらはちぶ)とは、村落村社会)の中で、秩序を破った者に対して課される制裁行為であり、一定の地域に居住する住民が結束して交際を絶つこと(共同絶交)である。また、「村八分」は集団行動主義の日本社会における代表的ないじめの代名詞でもあり、様々なシーンでしばしば引用される。

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%9D%91%E5%85%AB%E5%88%86

から引用。

あるいは、

「出る杭は打たれる」

でもいいかも知れません。

この

「村八分」

「出る杭は打たれる」

は絶対にだめで、

そうならないように

「皆と同じようにできる」

ように、しつけをして

きているはずなのです。

これが多くの日本人の

昔からの考え方です。

これを「美徳」として、

「普通は」しつけを

するはずなのですね。

なので、

「先生の言うことを

聞きなさい!」

と言うでしょう。

また、先生も

「人と違う行動をする子」

がいたら、

「これでは、将来、困ることになる!」

「いじめに合うかもしれない!」

という親切心から

(何の疑問も持つことなく)

「皆と同じように、しないと

 いけないですよ!」

と教えるでしょう。

なぜ、大学に行かせようとするのですか?

・皆(世間)がそうするから

ですよね?

あるいは

・娘、息子が将来こ困らないように

と答えるでしょうか?

「お前は、娘を慶應大学に行かせているじゃないか?」

と聞かれたら、

・皆(世間)がそうするから

とは答えません。

「娘が望んだから。また、きちんとした、

 目標があり、私もそれに賛同したから」

と答えます。

くだらない考えで、娘の能力を潰さないようにする。せこい親にならない!

の中で

中学生の頃、「私、芸能界に入るわ!」と言い出しました。

「好きなことやったら、ええわ!」とすぐに、

オーディション用の写真を撮ってもらいに

スタジオにいきました。

今は、「勉強がしたい」と言っているので、

「ほな、勉強したら、ええやん」です。

と書きました。

要は、

「娘が好きなことを

 すれば、いい!」

という考えなのですね。

「私の教育方針は子供の

 個性を尊重することです!」

と自慢げに、語る親御さんを

見かけますが、

ひにくれている私は、

たいてい

「ほんまかいな?」

と疑ってしまいます。

だって、日本で個性豊かに

育てるのはそうとう、

難しいですから。

協調性がなければ、

それは「間違い」であり、

「悪」ですよね?

みんなと同じように

「お行儀よく」するよう

にしつけますよね?

小さいときは、子供は

「親」や「先生」の言うことは

「正しい」と思い込んでいます

(思い込まされている?)から、

素直にしたがいますよね?

だから、あまり問題は

起きないのです。

ところが、子供が成長して

来ると、中には疑問を

持つ子も出てくるわけです。

それを潰(つぶ)そうと

するから、喧嘩になったり、

不仲が始まるのだと思うのです。

もちろん、他の要因もあるでしょう。

でも 多くの場合はこのパターン

ではないでしょうか?

好きにさせたったら、ええやん!

これだけです。

これで、多くの問題は解決するはずです。

はは。これでは

「カウンセリング」

「コンサルティング」

「悩み相談」

の商売上がったりです(笑)ね。

はい、以上。

で終わりでもいいですが、

きちんと理解できませんよね?

宿題です。

お父さん、お母さんは何故、

娘さん、息子さんを大学に

行かせようとするのですか?

以上。

で終わろうと思いましたが、

(しつこいですね)

「えっ、もう終わりですか?」

と言われてしまいそうですので。

じゃあ、大サービスでもう一つの秘密も

自分で考える力をつける

答えから先に。

「自分の力で考える」

ようにしてあげることです。

私はクイズ番組で物知り芸能人

を「すごい!」という人の気が

知れません。

(芸人の方は私は創造的な方が

多いので、大抵、リスペクト

してますよ)

「えっ何が?」

「それの、どこがすごいの?」

と思ってしまうのです。

本当に、鼻つまみ者でしょ?

でも、「お前、変わってるなぁ」

というのはず~っと、褒め言葉

だと本気で思っていましたから。

話を元に戻しましょう。

なんで、素晴らしい暗記力

をすごいと思わないの?

と本気で聞きますか?とまた、

嫌われれ口を叩きます(笑)

これではビジネスに支障が

出るのでこの辺でやめておきます。

「だって、検索したら

 終わりやん!」

もっというと、

「なんでそんなことに

 パワーを使うの?」

です。

私はいつも極端なので、注意も必要です。

→ あたりまえですね。

詳しくは

陳腐化しない大切な能力とは何か?を指導できる父親になる

を読んで頂きたいのですが、

以前、娘が

「漢字検定、取ろうかな?」

と言ったのに対して、

「そんな、くだらないことにパワーを使うなよ!」

と言ってしまったのですね。

前回、お話しましたが、病気で漢字検定どころでは

無かったのですが、漢字の勉強は続けていました。

それで、大学受験の小論文に大いに役立ったのです。

「お父さんの言うことを聞いていたら、ひらがな

ばかりの論文になったよ!」

と一本取られることになるのです。

「でも、これからは、もういらんで!」

と憎まれ口を叩いて、娘は呆れていましたが。

話がすぐ脱線しますね。すいません。

言いたいことは、

暗記が重要だった時代は

終わってしまった

ということです。

何故でしょうか?

これも、きちんと答えてくださいね。

さっき、言いましたね。

インターネットが発達して、

いつでも検索できるように

なったから

です。

暗記する時間があったら、

自分で考える練習を

することです!

やっぱり、今回の記事は

近いうちに削除ですね。

どう考えても、商売、

あがったりです(笑)。

日本人は

ノウハウ本

ハウツー本

が大好きです

よね?

これは、

「絶対にどこかに答えが

 あるから信者」

だからです。

だから、その答えを沢山暗記

している人をすごい!

と思うのです。

でも、そんなのは暗記しなくても、

検索したら、嫌になるほどでてくる

時代になってしまったのです。

それを「すごい!」という人は

古いし「ガラパゴス」なのです。

「彼女ができない」となると、

その答えを「ノウハウ本」や

「へんな教材」に求めるのです。

高いコンサル料を払っての、

結婚相手探しだって

同じかもしれません。

→ ここは本当に削除ですね。

  この分野に参入する

  かもしれませんしね。

私だったら、

ノウハウ本なんか読んでないで

「街に出てナンパしろ!」

って言いますね。

「ディスコ(今はクラブですか)

で声をかけて、何度もふられたら

ええねん。

成功するまで、続けてみ!

なんやったら、

成果報酬でコンサルで

もしたるでぇ!」

です。

私は

・リアルでの経験が全てです

・行動しましょう

私の価値観です。

ブレることはありません。

そうなんです。

私は「草食系」とか聞くと

「この国はいったい

どうなってしまったんだ?」

「将来、大丈夫かいな?」

と思ってしまうのです。

イタリアに留学したらどうや?

と本気で思います。

ああ、また脱線ですね。

ポイントは多くの(日本)人は

「自分で考える」

という訓練が

できていません。

ということなのです。

だから、小論文の対策

に本当に困り果てて

しまうのです。

じゃじゃじゃじゃーん!

予告です。

「小論文対策講座」

を準備中です。

私と娘が実践した秘密の方法です。

「あなたみたいな下品な人には頼みません」

 と思われるかもしれませんね。

でも、「自分で考える訓練」

をしないと、小論文は

書けないのです。

小論文に答えはないのです。

過去問の回答を覚えればいいのでは?

はい、一発で不合格ですね。

別に、受験生だけではないのですね。

自分で考える訓練が必要なのは。

IoTと大騒ぎになっているのは何故でしょうか?

はい、また、ここで問題です。

勉強熱心でアンテナを張っている

お父さんなら、Iotはご存知ですよね?

万が一、ご存知なければ、

(保存版)人工知能とビッグデータときたら、次は何? IoTを簡単に説明しましょうか。

を確認してくださいね。

何故、大騒ぎになっているか?

というと人工知能もIoTも

日本にとって、今までにない

ほどの大きな「ビジネスチャンス」

なのです。

小型センサーやロボットは

日本の得意分野です。

日本復活にまたとない

チャンスが到来している

のです。

だから、多くの会社が

「我が社も人工知能、

 Iot、ビッグデータを!」

と鼻息荒くなっているのです。

Iotと得意なセンサを使って

大量のデータ、つまり、

ビッグデータは取れるよう

になります。

でもどうやって活用したら

いいのか?は

「自分で考えないといけません」

でも0から考える訓練を

してこなかった日本人は

「うーん、何かいいアイデアは

 ないのか?」

でつまづいてしまうのです。

それで、「しゃべる電子レンジ」

などと「お笑いネタか?」と

思えるような発想をしてくるのです。

きっと、偉いさんも会議に参加して、

社運をかけて作ったのでしょう。

以前もさらっと書きましたが、

「シャープのヘルシオのこと」

です。

我が家にも旧式のヘルシオが

ありますが、別に喋って

くれなくてもいいです。

そのうち、そんな機能は

iPhoneやAndroidにタダ同然

で実装されるでしょう。

電子レンジに喋っているのを

自慢している人がいたら、

「ぷっ」と笑いそうになります。

それが親友で自慢しそうものなら、

やっぱり

「お笑いのセンスあるなぁ」

と関心します。

私がコンサルなら、もっと

売れる案を提案します。

だって、事業が低迷しているんでしょ?

そんなんで大丈夫なんですか?

と思ってしまいます。

→ どれくらい売れているかしれないので、

  爆発ヒット商品になっていたら、

  ごめんなさいです。

  やっぱり、これもあって、

  この記事は削除ですね。

 (ひとりごと)

  私だったら、喋る機能が

  付いていない「廉価版」

  ヘルシオを提案します。

  ヘルシオは高いので、

  へんてこりんな機能の

  付いていない、

  少しでも安い廉価版が

  あったら、喜んで買う

  とおもうのですが。

  → ここまじで削除ですね。

私の言いたかったこと

私は脱線ばかりなので、

言いたかったことを

まとめます。

多くの企業で、

人工知能、IoT、ビッグデータ

を利用したいのですが、

肝心のアイデアが湧いて

こない事が問題なのです。

冒頭の

・子供の能力を伸ばすには?

・これから必要なことは?

に対する、私の答えです。

今後、企業がほしい人材はどんな

性質を持っている人でしょうか?

をきちっと考えたら、いいのです。

・いままでもてはやされた、暗記力のいい真面目学生

・型破りでも、ゼロから自分の力で考え出せる学生

をです。

あなたが、経営者、人事担当者

だったら、どちらの学生を

採用しますか?

これが私の言いたかったこと

であり、娘がSFCに通って

いる理由でもあります。

ご相談を承ります(無料)

何か親子関係でお悩みのことが

ありましたら、下記の

お問い合わせフォーム

から、ご連絡をください。

できる限り、誠意をもって

回答をさせていただきます。

 お問い合わせフォーム

ダンディパパ

スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク
%d bloggers like this: