お父さん、お母さんは何故、 娘さん、息子さんを大学に行かせようとするのですか?

こんにちは。

ダンディパパです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

はじめに、お詫びです

すいません。

(改定版)を「非公開」にせずに、

しておりました。

迷いましたが、こちらを本日の投稿と

させて頂くことにしました。

なんの事やら、わからない方は

すいません。あまり気にしない

でください。

今回、投稿するかどうかを

かなり悩んだ内容になっています。

このため、あまり長い間、

「公開」はしていないと思います。

かなり過激な意見です。!

かなり過激な意見です。

もしよかったら、

読んで下さい。

今日も

「期間限定掲載」

「削除予定」

の記事です。

あまりに過激

な発言をします。

だけど、本質だと

私は思います。

なので、不愉快な方はすぐに

ページを閉じてくださいね。

宿題の答え合わせです!

昨日の宿題の答え合わせです。

といっても、文中に

ちょこっと、書いただけですので、

あらためて、質問をします。

<お題>

「お父さん、お母さんは何故、

 娘さん、息子さんを大学に

 行かせようとするのですか?」

即答できましたでしょうか?

あれ、即答できない??

まずくないですか?

「自分で考えて下さいね!」

これは、どこにも答えが

ありませんね。

こういうことから、

訓練、トレーニングを

始めればいいと思います。

答えられますか?

娘と私の意見はこうです。

私の場合は昨日

言いましたが、

娘が勉強をしたい、

という希望があった

からです。

具体的には

自分(たち)の経験を

通して、予防医療や

医療過誤を無くす

ための活動をしたい。

ITと医療を融合して、

それを具現化したい、

という思いがあるため。

が、娘と私の答えになります。

実は小論文講座のはじまりです!

実はこれ、もう既に

小論文講座の一部に入っています。

と書きながら、

「まずはこれが最初の課題だな」

と思っています。

前回、小論文講座を準備中、

と書きましたが、構想だけで、

「走りながら考える方式」

を取り入れています。

これには理由があって、

私は行動は必ずするのですが、

それまでが「長い」。

この記事もその問題の対策で

やってみてます。

(すぐに行動する訓練ですね)

お笑いが好きな人であれば、

「くせが強いんじゃ~」

あらため、

「構想が長いんじゃ~」

と言った感じです。

あのぉ、「千鳥」という芸人が

いますので、よかったら、

YouTubeなどで検索して

ください。

それと、すぐに脱線しますので、

「また、始まった!」

と思ったら、飛ばしてくださいね。

で、なんの話でしたっけ?

ああ、そうそう。

「小論文講座」

の話でしたね。

小論文講座の範囲を広げるのはどうか?と

で、対象を

「慶応大学」しかもSFCに特化

した講座にしようかと思って

いたのですね。

でも、

「文章を書くのが苦手な方」

「論理的に考えることが苦手な方」

「プレゼンテーションが下手な方」

(他にたくさん、あります)

に共通して、必要となる

「能力開発が必要な方

のための講座」

(タイトルはもう少し

 いい感じにしますが

(笑))

になる、ということに

気が付きまして。

今の課題がまさに、

良い例なのです。

つまり、

「大学に行くのは何故ですか?」

「何のために会社に行っていますか?」

「英語を勉強するのは何故ですか?」

でも同じです。

きつい言い方になり申し訳ないのですが

私のお伝えしたいことは

「ボーっ」と行動しても

うまくいきませんよ!

ということです。

もし、お父さん、お母さんが

「何故、 娘さん、息子さん

 を大学に行かせよう

 とするのですか?」

にきちんと答えられない

のであれば、

「勉強しろ!」

「何だ、この成績は_」

「家庭教師や塾にいくらかかってると思ってるんだ?」

最悪は

「お前はバカか?」

「勉強しないと、お父さんみたいになるわよ!」

ですね。

極端な言い方をしていますが、

実は「あるある」ではない

でしょうか?

言葉に出してなくても

感じていないでしょうか?

そのあたりも、

感受性豊かな

娘さん、息子さん

は気がつくとともに

本当に傷ついていると

思いますよ。

だって、こんな簡単な質問に

答えられない

「頼りない親」

「情けない親」

から「ガミガミ」

言われるのですから。

嫌われても仕方が無いかもしれません

同時に、

「そりゃ、嫌われますよ!」

と思います。

じゃあ、どうすればいいの?

って、本屋やネットで答えを

検索したらだめですよ。

自分で考えて下さいね。

本当に。

私のやり方は型破りです!

これが私のやり方です。

普通ではないでしょ?

きれい事、並べても何も

変わりませんから。

・自分で考えて

・行動して

・失敗して

・成功するまで続ける

全部、これだけ。

シンプルで、美しい。

まずは行動してください。

というスタイルです。

それでもよかったら、

ご質問

ご相談

苦情

不満

なんでも結構です。

できる限り、誠意をもって

回答をさせていただきます。

 お問い合わせフォーム

ダンディパパ

スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク
%d bloggers like this: