娘と私には何故、クレヨンしんちゃんを禁止するのか、わからないのです!

はじめて「思春期の娘に嫌われる父親、母親にならない方法」を読んでいただく方へ

スポンサーリンク
スポンサーリンク

「童貞」いう言葉に過剰に反応する人々の危険性とは?

いやぁ、「拒否反応」が

半端なかったですね。

何かって?前回の記事

お父さん限定!東大出身25歳の童貞コンサルタントに恋愛相談をしますか?

です。

実は、あれ、「テスト」

だったんですね。

「童貞」という単語、あるいは、

記事の内容に対して、

(1) 眉をひそめて、否定するか?

(2)あっ、面白そうな記事だ!

のどちらかですね。

反応がかなり、落ちたので、

おそらくは(1)の方が

多かったはずです。

これは、予想通りの結果です。

で、(1)の反応を見せる方は

親子関係に問題が発生する危険

があるように感じます。

なぜか?といいますと、

・ドラマでキスシーンや

 セックスなどの描写が

 出てきた場合にとる反応と

 ほぼ同じと思うからです。

・クレヨンしんちゃんや

 ロンハーを教育に悪い

 からと言って、見せない

・SNSを危険なものだと判断

 して、禁止する大学教授

と「同じ思考」の持ち主と

いう可能性がありそうです。

つまり、

「臭い物に蓋をする」

思考が強い人、という

ことになるでしょうか。

つまり、「現実」を

できるだけ、見せない

主義ですね。

「じゃあ、お前は

どうしてるんだ?」

と聞かれたら、

「ありのままで」

見せます。

海外ドラマでは

キスシーンはもちろん、

セックスのシーンも

普通の生活の一部

として表現されますが、

別にそのままです。

そんなのにいちいち、

「おどおど」

したり、

ひどい場合は

チャンネルを

変える親御さんも

おられるでしょう。

質問です。

そんなお父さん、

お母さん、かっこ

いいですか?

どーんと、構えてるほうが

自然じゃないですか? 

「なんなの、うちの親は?」

ってなりませんかね?

ただ、娘と話をしていて、

面白いな、と思ったのは

「私の家は、

 クレヨンしんちゃん

 禁止なんだよね~」

と誇らしげに自慢している

同級生ほど、品がなかったり、

勉強ができなかったり

するよ。

というエピソードです。

「そりゃ、そんな教育

 している親の子が

 伸びるわけない」

と本当に思いますし、

ましてや、SFCなんかに

合格するわけがないです。

といいますか、そもそも

そういう家庭の子は東大

は受けても、SFCは受けない

かもしれませんね。

いずれにしても、私たち

親子も、そして、まだ

このブログを読んで

いただいている

お父さん、お母さんも

「マイノリティ」

なのでしょうね。

(ひとりごと)

湘南白百合学園では

クレヨンしんちゃん

禁止派が多いようでした。

もちろん、そんな親子とは

親密になりませんでしたが。

情報が氾濫(はんらん)しているからこそ、正しいこと、間違ったことは何かを教えないといけないのでは?

ましてや、

インターネットの普及で

どんどん情報へのアクセス

は容易になってきています。

性的な情報に小学生が

簡単にアクセスできて

しまうのですから。

おお、くわばら、くわばら。

それだったら、堂々と

・何が正しいことか

・何が間違っているか

を教えてあげればいいこと

だと思うのです。

禁止するのではなくて、

「どうすれば、一番いいか?」

を考えるのです。

SNSを禁止しようがないのです。

否定するのではなくて、

情報セキュリティの

正しい知識を教えて

あげないとダメだと

思うのですね。

必要な教育がされていない

ので、知っているべき情報

を多くの人が知らないのです。

Facebookなどに元カレ、

あるいは、元カノのとの

やり取りが残って、

やばくなっているくらい

ならいいです。

(私はよく平気だな!

 と驚きますが)

でも、将来、企業の人事

担当がSNSの情報を採用に

活用したら、どうするん

ですかね?

銀座のクラブで働いていた

ぐらいで、内定を取り消す

ような会社が小さな会社で

はなく、報道をコントロール

する影響力の大きな大企業で

あったりするのですよ。

→ 最悪の会社です。

そのような会社の人事ですから、

採用する人のSNSの履歴なんか、

簡単にアクセスすると思う

のですよね。

だとか、

きちんと使わないと

ベッキーみたいに

ゲスな男に最低なこと

されるよ!

とか。

もっと大きなスケール

で言うと、

犯罪歴など、人に

知られたくない

情報だって、一度

ネット上に載ったら、

その情報は2度と消え

ません。

裁判をおこしても、

「はい、わかりました」

と消してくれたりは、

しないのです。

とか。

例えば、

↓↓↓↓↓↓↓↓

最高裁、「グーグル」結果削除は公共性を重視

私は

・書き込まれたことは、

 ずっとネット上に残る

・ネットに書き込む情報は

 誰からにみられる可能性

 がある。LINEだけが危ない

 のではなくて、メールも

 暗号化していなければ、

 簡単にその内容を覗ける、

 など。

問題になりそうなことを

きちんと教えてあげれば

いいと思うのですね。

その一方で、

本当は知られるべきでない

情報まで、載せられて、

消えない、という悲しい

問題もあります。

例えば、

↓↓↓↓↓↓↓↓

ビートたけし 未成年の実名報道に言及“被害者と加害者の立場が逆”

私も、たけしさんの意見に

賛成です。

娘はSNSを便利に使いますが、

余計なことは一切、書き込ん

だりしません。

きちんとそのリスクを理解

しているからです。

ベッドの下にエロ本を隠すくらいでちょうどいい

 

これは、珍しく、息子さんに

たいする、お話になりますが、

私は「草食系」よりかは

中学生になったら、

ベッドの下にエロ本

を隠すくらいがちょうど

いいのでは?

と思うのです。

それくらいが

健康な男子でしょうし、

勉強ばっかりやっていて、

東大出て、25歳になっても

「童貞」のおにいちゃんよりかは

(麻薬などの犯罪は

 もちろんなしで)

クラブに行って、ダンスが

うまくて、モテてる、

日焼けした、いかした

お兄ちゃんのほうが

いいです。

J Soul Brothersの

岩ちゃんなんか、

慶応いきながら、

ダンスがうまくて

クラブでスカウトされた、

とか。

山ピーだって、黒木メイサ

さんの夫の赤西君だって、

かなり「やんちゃ」そうだし。

「かわうぃーね」で一世風靡した

『チャラ男』の藤森君も面白いと

思うんですよね。

心配なのは、

ネットの世界だけで、

恋愛やら、偏った性の

情報にアクセスして、

リアルの現場を

まったくしらない男。

まったく、女の子に声も

かけられないような、

ひ弱な【草食系】が

一番ヤバそうってこと。

です。

ノウハウ本やモテ教材

なものばっかりにお金を

使って、いざ、女の子の

前にいったら、もじもじ

してるやつ。

自分の息子だったら、

「ディスコ、行ってこい!」

→ 昭和風。

で終わりです。

一体、何が言いたかったのか?

実は、前回の記事と

下記の告白シリーズを書いた

きっかけは、病院の先生から

の一言だったんです。

私は

(最終回)告白~カミングアウト ビリギャルが心底うらやましかった!

で書きましたが、

「うつ病」を経験しています。

回復しましたが、

今でも安定剤を

飲んでいますし、

通院もしています。

前回の問診の時に

「私や娘が苦しんだ

 精神疾患の人を

 増やさない、

 あるいは、

 早期発見して、

 早く対処できる

 ようなサービス

 を娘と考えて

 いるんですよ」

とたまたま、

伝えたんですね。

そしたら、主治医が

「医者は患者の

 本当の苦しみは

 分からないんですよ。

 だから、経験者で

 ある元患者さんから

 のアドバイスが一番

 説得力があるんです!」

と言われたんですね。

私の大切な価値観の

一つである

「経験しないと分からない!」

というのは、あながち

間違っても、

独りよがり

な意見でもない、

ことを実感したのです。

それに加えて、

・行動しましょう

の二つだけでやっぱり

多くの問題が片付いて

しまう、と思うのです。

最適解を探すのが好き

ということは毎回の

ようにお伝えするの

ですが、さらに

「おおくのことは

 シンプル」

だというのも大切な

価値観だと思います。

これに気が付くまでに

とても多くの苦痛と

時間を要しましたが。

私はきちんと、仏教の

勉強ができていませんが、

突き詰めていくと

「悟り」というのは

こういうことの最終形

であり、瞑想

瞑想、マインドフルネスって、ご存知ですよね? でもやってますか?

トレーニングなど

辻秀一先生に最高のパフォーマンスを出す方法を学ぶ 辻メソッドとは?

などを通して、

「ゾーン状態」

をずっと維持している

ようなことなのかな?

と感じています。

あのぉ、お願いですから、

変な

・スピリチュアル系

・占い系

と一緒にしないでくださいね。

あくまでも科学に基づいた

・カウンセラー

・コンサルティング

を目指していますので。

長くなってしまったので、「答え合わせ」は次回にさせてください。

前回、前々回と宿題が

出ていますので、

ぜひ、目を通して

いただくと、大変

うれしいです。

ご相談を承ります(無料)

何か親子関係でお悩みのことが

ありましたら、下記のお問い合わせフォーム

から、ご連絡をください。

できる限り、誠意をもって回答をさせて

いただきます。

 お問い合わせフォーム

スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク
%d bloggers like this: