断捨離やって、完璧主義をを無くせば、楽になる!

f:id:dandy-papa:20160816220113j:plain
 
スポンサーリンク
スポンサーリンク

あなたには考える時間が十分にありますか?

  
あなたに、質問です?
 
あなたは考える時間、
余裕が十分にありますか?
 
娘さんのことを考えたいけれども、
仕事が忙しくてできていないんだよね。
という方が多いのではないでしょうか?
 
 
じゃあ、何故、仕事が忙しくて、
時間が無いのでしょうか?
 
・仕事が多すぎる
 が理由の第一位だと思います。
 
実は私も以前は同じように、忙しくて、
毎日、夜遅くに帰ってくる毎日でした。
 
睡眠時間も十分に取れないまま、次の日は、
眠い目をこすりながら出社してました。
 
「時間が十分に取れない。どうしたら、
いいのだろう?仕事が遅いのかな?」
などと一生懸命に、考えました。 

タスク管理などの効率化もたくさん勉強しました

 
 
タスク管理、GDTの書籍をたくさん読み漁り、
様々な効率改善のためのツールなどを
駆使しました。
 
その結果、随分、改善できたと思います。
 
たまに、自分でも信じられないほどの
仕事の量をこなせるときがあって、
「おれって天才ちゃうか?」って、
思っていた時期がありました。
 

でも、今は違います。

あの頃のことを、今では、

「アホやったなぁ」
と思い返します。
 
今、私が感じていることを正直に書きますね。
 
おそらく、カチンと来る方も大勢いらっしゃる
と思います。
 
 
 
それは…….
「時間が足りない、時間が足りない」
といつも忙しそうにしている人は
格好が悪いです。
 ということです。 
 
会社でもいませんか?「あっ~、忙しい!」
と周りに強調してくる人。
 
そういう人に限って、仕事ができない。
要領悪すぎ、バカでねぇの?
と感じます。だって、周りに
 
「自分は馬鹿で、仕事が遅いんです。
だらから、いつも忙しいのです!」
と大声でアピールしているわけですから。
 
周りの人が「はた迷惑」なことに気がつくべきです。
上司がこのタイプなら、転属を考えても良いです。
 
そんなことにお構いなしの、本人はその結果、
残業で体もだるいし、まず、不機嫌になってませんか?
  
ということです。
 
もったいぶっていても、いけませんから、
私が気がついた(発見した)ことを書きましょう。
 
 

私が気づいた、誰にも伝えたくない秘密とは?

 
 
「必要のない仕事(タスク)」を
 
一生懸命に、いかに効率よくやるか?
 
に集中しすぎていませんか?
 
はい。だんだん、わかってきましたよね。 
そうです。
 
 
キーワードは「必要のないこと」です。
 
「いやぁ、必要の無いタスクなんかないよ!」
と思いますよね?
 
でも、今一度、考えて頂きたいのは?
 

その仕事、本当にしないといけない仕事ですか?

 
見直して頂きたいのは、
 
「その、仕事、本当にやらないと、いけませんか?」
 
ということです。
 
 
これ本当に重要ですからね。 
 
 
間違いなく、1千万円以上の価値があります。
(分かっていただける方は嬉しいです。)
 
これに気がつくまで、どれくらの時間を無駄に
過ごしてきたか?ということに後悔しているのです。 
 
結果だけに集中してください。もう一度、言いますよ。
 
「多くの仕事をするのが大切ではなくて」、
「結果(につながる仕事)だけが大切なのです。」
 
営業であれば、売上ですね。
それを最大化させて下さい。
 

私がやった秘密の方法

 

 
私がやった方法をご紹介します。
(もってけ、どろぼう!(笑))
 
仕事によって、会社によって、やり方は
違ってくると思います。
 
また、話を分かり易くするために、
「かなり極端な説明」をします。
 
 
・まず、自分の業務を分析して細かい仕事(タスク)に分けました。
・各タスクを処理する時間を測定しました。
・タスクを分析しました。
 
例えば、
・電話(かける)
・電話(かかってっくる)
・メール(読む)
・メール(書く)
・クレーム対応
・顧客訪問、会議、定例会
・報告書(レポート)作成
・接待
 
など、仕事によって、違ってくると思います。
 

ここからが、大切です。

 
これを会社ごとに分けました。
 
A社:  8時間/週
B社: 8時間/週
C社: 16時間/週
D社: 16時間/週
E社: 32時間/週
 
各社の売上の割合が、全体の
 
A社:  60%
B社: 20%
C社: 10%
D社: 4%
E社: 1%
だったとしましょう。
 
勘の良い人は、もうおわかりですね。
E社を切ってしまえば、いいのです。
D社もできれば。
 
切るのが難しければ、極端に優先度を下げるのです。
そうしたら、
 
32時間+16時間=48時間/週
の時間が確保できるのです。
 
売上が上位のA社、B社にもっと時間をかけて、
売上を伸ばしてもいいでしょう。
 
第2のA社の新規開拓でも良いでしょう。
お伝えしたいポイントは

無駄なことに、時間を使っていませんか?という問いかけです

・「しない」ことにフォーカスして、捨てる。
 → 断捨離ですね。
・切ったり、優先度を下げることに罪悪感を抱かない
 → 全部の仕事をこなすという、完全主義をやめる
です。

空いた時間で娘さんのことを考えたらいいじゃないですか?

娘さんより、E社のクレーム対応の方が大切ですか?
答えは「No]ですよね?
これを基本に
 
・A社、B社でも、無駄に時間がかかるのだけど、
売上に貢献しない人はできるだけ、時間を
減らすように工夫します。
 
・部下、他部署にお願いするものは、全て、
お願いします。
 
Delegation(人に依頼すること)が上手にできる人
は仕事ができる人です。
 
 
全部自分でやるから、時間が足らないのです。
部下、他部署を信頼することで、
自分も信頼されます。
 
その代わりに、
 
 
「どうやったら、うまく、Delegation
できるか、には時間をかけましょう。」
 
・気持ちよく仕事をしてもらう
・出来上りのイメージをきちんと伝える。
・途中で出来上がりの方向が合っているかを確認する
・きちんと、お礼を言う
を繰り返して、「信頼関係」を構築するのです。
 
 
「ああ、Aさんの頼み事だったら、仕方がないようなぁ」
って人いませんか?いますよね?
 
自分がそいいう人になれば、いいのです。
 
タスク管理は後回しです。
もっと言うと、タスク管理はしなくても良いかもしれません。
 
「マルチタスク」がデキる人=仕事がデキる人
というように思っていましたが、そんなことは
ありません。
 
優先順位の高い仕事を順番にやる方が効果が
上がるはずです。
 
いかがでしょうか?
 
定時に帰って、大切なことに時間を使いましょう!
 
「じゃっ、お先!」
格好いいじゃないですか~。
 
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク
%d bloggers like this: