今度は娘さんから嫌われないために、お父さんの棚卸しをオススメします

f:id:dandy-papa:20160808212226j:plain

前回の

経験が多ければ、「話すことが無い」なんて事になりませんから

 では、かなりの長文になりましたが、私の過去のお話をしました。

人によっては、私の自慢話はもういいよ!

と感じられた方もいらっしゃると思います。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

お父さんの棚卸しを始めてください

なので、今回はお父さんに棚卸しをして頂きます。

何を棚卸しするんだよ?

はい。前回は私がどうやって、英語やアメリカの文化を

理解してきたのか?ということをお伝えしましたね。

これと同じように、お父さんの得意なもの、成功体験を

思い出して頂きたいのです。

40年~50年もの間で何でも良いのです。

「うん、これは大好きだし、得意だわ!」

というものをリストアップして頂きたいのです。

忘れているものが無いか、時間を掛けて、

じっくりと取り組んで頂きたいと思います。

例えば、今まで、お伝えしてきた、テーマ(ジャンル)は

私の大好きなもの、得意とするもの、成功した経験、

人に教えることができるもの、です。

私の場合は
・ダイエット
・ファッション
・音楽
・カラオケ
・健康法
・英語
・宇宙(天文学)
・娘から嫌われない方法
・お笑い
などになります。

逆に
・地理
・漢字
・歴史
・一部の野菜
は全く、ダメなのです。

ダメなものを今から、苦労して、勉強をしようとは

思いません。

例えば、方向音痴ですが、カーナビがあれば、困りませんし、

辞書があれば、漢字も困りません。

仕事でも良いですし、子供の頃、大好きだったものでもいいです。

こんな感じで「わくわくしながら」やってみてください!

私の場合ですと、

・小学生の時に、星が好きで、天体望遠鏡を買ってもらった。

天文ガイドを毎月購入して、早朝でも、深夜でも木星や土星

の美しい姿を見ていました。

・「一万年後」という本に出会い、天文学に目覚めます。

時間とは何か?時空のねじれ、タイムマシン、相対性理論、

アインシュタインにはまり、結果、物理学を専攻すること

になります。

SF映画も大好きです。

・小学校6年からギターをはじめました。

 それ以降、ずーと、音楽が好きで、バンドもやっていました。

学生時代にはギターのテクを盗むのも目的で、週末になると

ディスコに行っていました。ダンスまで大好きなのです。

今はきちんと、踊れませんが。

・カラオケ
バンドでコーラスをやっていたものの、自分で歌う楽しさを知り、

高得点を出す練習方法を考えました。

・ファッションも大好き

中学生の頃から、パンタロン(ベルボトム)や厚底パンタロン・

ブーツを着用して、ファッション雑誌も読んでました。

学生の頃にはデザイナー・ブランドに目覚め、社会人になっても、

きちんとしたスーツ、コートを買うように努めました。

などです。

なぜ、わざわざ棚卸しをオススメするのか?

なんで、そんなことするの?ということですが。

何だと思いますか?

はい。自分の長所を強化して頂く為です。

少なくても良いので、自分の好きなことを突き詰めて、

徹底的に強化してみて下さい。

人によって、嗜好(しこう)は違いますから、今回は

お父さんに棚卸しをして頂きたいのです。

自分の好きなもの、得意なもの、楽しかった思い出、経験、

をリストアップするだけですから、ワクワクしながら、

やってみてください。

それで、優先順位をつけてください。

一番好きなものは何だったでしょうか?

そのリストを上から見ていって、強化したら、

娘さんに共有できる、教えてあげることができる、

というものを見つけてみてください。

「おお、学生のときはおしゃれ、してたなぁ」

など、忘れていることで、わくわくできるものを

見つけられたら、最高だと思います。

娘さんから、嫌われていることを一旦、忘れて、わくわくしながら取り組んでください。

見つかったら、とことん、研究してみてください。

一度、「娘さんから、嫌われている」という、

ことは忘れてみるのもいいかもしれませんよ?

場合によっては、娘さんに、媚(こび)をうったり、

気を引こうとして、かえって「痛い、キモイ」

となっている可能性だってあるのです。

そんなことで、パワーを使わないでください。

かっこいい、お父さんになるために、時間を使ってみてください。

自信がついたら、顔つきも、態度も変わってくるのです。

セルフイメージの大切さを何度もお伝えしているのですが、

行動しないと何も分からないです。

「ふーん、セルフイメージって、大切なんだぁ」
って終わらせるのでは無くて、

「どうやったら、セルフイメージを変えることができるか?」
を考えてみてください。

今回、お伝えしている方法はセルフイメージを

強化する一つの方法です。

是非、試して、みて下さいね。

大手幼児教室が絶対に教えてくれない 「幸せに有名小学校に合格するための勉強法」冊子版1年間メール相談付

『自分の軸の企画書』

スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク
%d bloggers like this: