娘さんの個性を尊重していますか?

自分のできないことを娘さんに押し付けていませんか?

を見ていただいた方、ありがとうございます。
せっかく、読んで頂いたものの、
 
スポンサーリンク
スポンサーリンク

きちんと、解決方法もお伝えしますよ

 
 
問題点だけで、解決方法を教えて
くれないのですね。がっかりです。
 
と感じて頂いた方。
 
「はい。ありがとうございます。」
 

わざと、解決策を示しませんでした。
何故かといいますと、さらっと書いたら、
ちっとも考えて頂けないからです。
 

考えて、工夫をしないから、嫌われる
可能性が高まるのだと思います。
 

じゃぁ、どうすればいいの?というご質問
に対するひとつの回答が本日、お伝する
「娘さんの個性を尊重していますか?」
になります。
 

娘さんの個性を尊重していますか?

質問です。あなたは本当に

「娘さんの個性を尊重していますか?」

「ええ、もちろんですよ。」

と言われるかも知れません。

これに対して、私の考え方は次の通りです。

「個性豊かに育てたいのです。」というのは
よく聞かれることですが、日本で個性豊かに
育てるのは非常に難しいです。
 

というのは日本では「和」が重んじられ、
協調性が最優先され、人と違うことは悪である、
という画一的な教育が行われからです。
 

その結果、「金太郎飴みたいな」優等生が模範となり、
多くの親ごさんもこれに満足するはずです。

 
一部の教育機関を除けば、幼稚園から大学まで、
一環してこの思想が徹底されています。

 
卒業後の会社でも、やはり、同じような、画一的な
人間性が重要視され、出るくいは打たれるのです。
 

多くの企業でもマニュアル人間で無いと、困るのです。
 
つまり、自分で考える訓練をしないと、いつのまにか、
思考停止になるのが日本の教育システムなのだと考えます。
 

学校の試験でも同じです。答えが決まっていて、
それを正しく、答えられるかどうかが重要なのです。
これは東大でも同じですね。
(理系の場合は多少の例外はあるとは思います。)
 

日本で個性豊かに育てるためには、それなりの覚悟が必要です。

 
ですから、本当に個性的に育てたいのであれば、
日本の学校教育に頼らないことです。
 

「えっ、学校に任せていればいいなじゃないの?」
 
と思われるかもしれませんが、よーく考えてくださいね。
 

学校生活で人と違っていたら、先生はどのような態度を
取りますか?

 
「この子は変わっている。なぜ、皆と同じように行動が
できないのだろうか?彼、彼女のためにも修正して
あげないと」と考えて、行動するはずです。
 

ご両親も同じですね。個性豊かで、いじめられるより、
集団生活に問題なくなじむことが最優先と考えられて
いるのでは無いでしょうか?
 

私の教育方針は人と違っていました

 
私はその真逆のことを教えました。
「みんな持ってるもん」
「みんながそう言ってるから、そうしてるから」
と娘が言うと、

 
「みんな」って誰のこと?名前をあげでごらん。
と「みんな」というたびに、強く、叱るのでした。
 
「あなたはどう思うの?」
 
というのが私の口癖でした。

いいですか、ゆとり教育を思い出して下さいね。

 
政治家、役人、教育委員会などのお偉いさんが
考えるのはこの程度なのです。
 

結果、どうなりましたか?効果が無くて、
やめちゃいましたよね。

 
ゆとり教育を受けた若い人はかわいそうです。
「ああ、ゆとり教育世代ね。しかたないよね」
などと、先輩からバカにされているのですよ?

 
彼らの責任じゃないのに。
 

今までの、「金太郎飴」というあまり聞こえの良くない、
説明に多くの方は「かちん」とくるとは思います。
 

でも、どうでしょうか。うすうす気がついている
のだけれども、皆と同じの方が不都合が無いから、
「まぁ、いっか。赤信号、みんなで渡れば怖くない!
だな。」と自分に言い聞かせていませんか?
 

日本で個性を尊重するには、少なからず、
痛みを伴うのです。
 

例えば、どうも、娘は勉強が嫌いだ、という
事実が分かった場合は即座に認めたくないはずです。
 

何とか、娘さんを説得して、勉強の重要性を
強調するでしょう。
「将来、絶対に困るわよ!」と言って、
脅したりする親御さんだっておられるでしょう。
 

もっと、極端な場合は「学校に行きたくない」
場合だってありますよね?もしかすると、
鬱(うつ)などの精神障害にかかっている可能性
だってあるにも、関わらずに、無理やり学校に行
かせてみり。
 

金太郎飴のような娘になってほしいですか?

 
私の視点が変わっているのかも知れません。ただ、
 
学校に行って、金太郎飴のような
になることが、そんなに重要でしょうか?
 

もし、大学進学ではなくて、デザイナーや美容師、
音楽関係のエンジニア、ボーカリスト、ピアニスト、
スポーツ選手になること、などを娘さんが希望されたら
どうしますか?、
 

娘さんが大好きで、心底熱中できて、将来もその
職業に就きたいのであれば、反対することは
ないというのが私の考え方です。

 
実際、中学生くらいの時に
「歌手になりたい!」
という娘が言い出すので、
スタジオで写真を撮ったり、
オーディションを受けたり。
 
反対するよりか、彼女のやりたいように
やらせました。オーディションの選考で
落ちて、あきらめましたが。

英語の勉強の話に戻しましょうか。
 

なんで、英語の勉強をしないのでしょうか?
大学に行かないと、英語をマスターできませんか?
そんなことはありません。

 
ゴルファー、スケート選手など、必要になれば、
自力で勉強するのです。サッカーであれば、
イタリア語を勉強したりもしますよね。
 

今、英語に興味が無いのは必要だと思って
無いからでしょう。
 

私は英語の歌を理解したり、アメリカという国に
興味を持ったので、英語をマスターしました。
 

それが楽しかったからです。ただし、地理の勉強
はしませんでした。元々、方向音痴で、
どうやっても、白地図が好きになれなかったし、
どこの県で、何が名産物かにも全く興味が
ありませんでした。

 
皆、それぞれ、個性があると思うのです。
その個性に沿った、しつけ、教育の方が、
自然だと思いませんか?
 

その方が、娘さんが生き生きとして、
幸せになりませんか?
 

まず、どこから始めればいいのか?

 
いや、理屈は分かった。でも、英語は
勉強してほしいのだな。というお父さん。
 

はい、分かりました。
 

それでは、解決策となるヒントをお伝えしましょう。
 

お父さんがまずは、英語を勉強してください。
 

いやいや、英語は仕事に関係ないですから。
という声が聞こえてきそうですが、
本当にそうですか?
 

仕事でも何でも、調べるときはサーチ・エンジン
を使いますよね?
 

その時に、英語が出てきたら、そこをすっ飛ばしてませんか?
 

英語を読むようにすれば、アクセス可能な情報量は
驚くほど、増えるのです。
 

上司も知りえないような情報を提示することも
できるでしょう。
 

ITエンジニアでなくとも、これからの時代、
コンピュータ特にAI(人口知能)に関しては、
知らないでは済まされないのです。
 

なぜかと言うと、多くの職業がコンピュータに
置き換えられますから。
 

優位に立つには、シリコンバレーの情報に
アクセスすべきなのです。
 

個性が必要なのは何も、娘さんだけでは無いのです。
 

お父さんも早く、金太郎飴のような個性の無い自分
を捨てて、変化していくべきなのだと思います。
 
最後に私の大好きな、茂木 健一郎氏の公演を
お知らせしましょう。
 
 
元気、出ますよ。
(彼の英語の発音は決して、うまくありません。でも、
 そんなの、関係ね~!です。話せたもの勝ちです。)
 

ご相談を承ります(無料)

何か親子関係でお悩みのことが

ありましたら、下記のお問い合わせフォーム

から、ご連絡をください。

できる限り、誠意をもって回答をさせて

いただきます。

 お問い合わせフォーム

ダンディパパ

スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク
%d bloggers like this: