断捨離を早いうちから、教えてあげましょう。感謝されますよ。

f:id:dandy-papa:20160801232919j:plain

スポンサーリンク
スポンサーリンク

あなたの机や部屋はきれいですか?

バラエティ番組で結構、きれいな女性タレントが

以外と片づけることが苦手で、散らかり放題の部屋が

紹介されるシーンって、ありますよね。

娘はそれを見ていて、

「うぁ~、最悪。親、どんなしつけ、したのかねぇ?」

と言うので、

「いやいや、あなたもきれい好きにするまで、

お父さんは大変だったのだぞ!」

と言うと、

「うん、そういえば、うるさく、言われたような

気がするなぁ。ありがとね、助かったわ!」

と思い出して笑うのです。

物を捨てられない妻

妻とは大変仲がよかったのですが、唯一、喧嘩の種になったのは

妻は「物を捨てられない人」だったのです。

部屋を散らかすことはさすがになかったですが、

「もったいないじゃない。」

「まだ使えるわよ。」

「いつか必要になる時が来るかもしれないし。」

というのが常でした。

大抵は、必要になる時など来ません。結果、

物であふれていました。

簡単に想像がつくと思いますが、物が多いために、

本当に必要なものをすぐに探し出すことができずに、

しょっちゅう、

「あれ?どこいったんだろう?知らない?」

と言って、探し物をしていました。

効率化が最優先の私は我慢(がまん)できなくなると、

ごみ回収袋に目障りな物を入れて、

「これ捨てるけど、いいよね?」

と言って捨てることを促すのですが、

その度に怒られるのでした。

そういう私も幼いころは

「もったいない、もったいない」

と言うのが口癖の母親からのしつけもあり、

物を捨てるということは「悪いこと」だと思っていました。

妻と同じように、しょっちゅう、探しもので、

無駄な時間を使ってイライラしていました。

断捨離との出会い

そういう時に「断捨離」という本に出会いました。

目から鱗(うろこ)で、大変ショックでもあったのですが、

「そうか、捨ててもいいんだ!」ということをを知り、

それ以降、どんどん、不必要なものを捨てることが

できるようになりました。

妻の遺伝子が強力だったのか、娘は小さい頃は

妻と全く同じで、物を絶対に捨てようとしませんでした。

あまりにも、物が増えて行き、私が怒ると、

泣き出してしまうので、

「困ったもんやなぁ。どうする?」

という時期かなり、長く続きました。

娘に断捨離を教えることを決心

「これでは、大きくなって、本人が困るだろう」

という判断のもと、「断捨離」をとことん教えていく

決心をするのでした。

どうやったか?というと、娘が探し物をする度に

「何で、すぐ出てこないのかな?理由はわかる?」

と怒るのではなくて、考えさせて、自ら、

答えを導きだすようにしました。

「物が多いから、探すのに時間がかかるのだと思う。

整理整頓も苦手だし。」

という答えが出てくるまで辛抱強く続けました。

「じゃぁ、いらないもの、使わない物は、

捨てればいいじゃないの?」

と伝えると、

私が「断捨離」と初めて出会った時のように

「ええ?捨ててもいいの?」と目を丸くするのでした。

それでも、「捨てないで、物を大事にするのが美徳」

ということを、母親(妻)からしっかりと教えられて、

育っていますから、そう簡単にはいきません。

判断は難しいのですが、私は断捨離、賛成派です

「使わないものは捨てても良いんだ!」と納得して、

それが自然にできるようにするまでは相当の時間

がかかったように、思います。

探し物で困っている娘を見るたびに、しつこく、

「断捨離」の大切さを説きました。

「使わない物を捨て、整理整頓をすることを習慣にすれば、

もう2度と探し物で無駄な時間を使わなくて良いんだよ」と。

すっかり、断捨離を身につけてしまった娘

今では私よりも、「断捨離」をうまく実行しているようです。

私が探し物が見つからずに、イライラとしていると

「きちんと捨てるものを捨てて、片づけないから、

こんなことになるのだからね。気を付けようね。」

と一本取られることが多くなりました。

と、この記事を書きながら、私の部屋や机の上が

散らかりつつあることに気が付きました。

取り返しがつかなくなる前に「断捨離」を

実行しようと思います。

「忙しい、忙しい」とタスク管理までして、

こなしている様々なTo Do Listですが、

「本当にやる必要があるのか?」という作業の見直しにも

「断捨離」は非常に効果があることを忘れていました。

断捨離のススメ

「断捨離」を十分、実行できていないお父さんは今一度、

「断捨離」を調べ直すと良いと思います。

その後に、娘さんに教えてあげてください。

奥様がすでに、「断捨離」をされているのであれば、

その必要はないかも知れません。

もし、私の妻と同じように、物を捨てらない奥様でしたら、

その時は娘さんがお父さんのことを尊敬するチャンスです。

ただ、急(せ)かしたりすると、

「うるさいなぁ!ほっといてよ!」

と嫌われてしまう可能性もあるので、タイミングなど、

十分注意して頂ければと思います。

是非、お試しあれ!

ブランド時計買取

宅配着物買取

ブックサプライ買取完了プログラム

スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク
%d bloggers like this: