(保存版)人工知能とビッグデータときたら、次は何? IoTを簡単に説明しましょうか。

f:id:dandy-papa:20160827171850j:plain

はじめて「思春期の娘に嫌われる父親、母親にならない方法」を読んでいただく方へ

スポンサーリンク
スポンサーリンク

IoTって何かご存知ですか?

人工知能とビッグデータときたら、次は何でしょうか?

はい。
IoT

ですね。

これも、よく聞くけど、一体何やねん?
と思いませんか?

「Internet of Things、 物のインターネット」 

って言われてもなぁ。ですよね?

人工知能とビッグデータでは前置きが長かったので、

今回はスパっと行きますよ。

IoTとは何か?

簡単です。

全ての物にコンピュータが

埋め込まれることです。

そして、

全てがインターネットにつながる。

一言で言うと、これが正しいと思います。

 ナノテクノロジーでコンピューターはどんどん小さくなります。

 

現在、直径2ミリメートルほどという、

超小型のコンピューターが存在します。

今後、さらに小型化、高性能化が進みます。

(「ナノテクノロジー」

という言葉も覚えておくと

役立つと思います。)

ということを知っていると、

「全てののもの」がインターネット

につながる時代がやってくることを

簡単にイメージできます。

2020年には500億以上のものが

インターネットにつながると言われています。

基本はこれだけです。

じゃあ、なぜIotがそんなに騒がれているのか?

じゃあ、何故、大騒ぎになっているか?というと、

全ての物にコンピュータが入るとして、

一体何ができるか?の答えを

考えないといけないからです。

それをしないと、他の企業に負けてしまうので、

皆、アイデアをヒーハー(ヒーヒー)

いいながら、絞り出しているのです。

遠隔操作もあるとは思いますが、

基本となるのは「モニター」すること

だと思います。

あらゆるものにセンサーがついて、

ほしい情報は何でも、取ってしまえ!

ということです。

今までは、Google、Amazon、Facebook、

Twitterなどのごく限られた、企業だけが、

ビッグデータを集めることができました。

これからは誰でもビッグデータを集めることができるようになります


ところが、Iotで全ての物にコンピュータが

入ってしまえば、多くのの企業が取りたい

情報を好きなように、取ることができる

ようになります。

→ しかも低コストで!

つまり、自分でビッグデータを集める

ことができるようになるのです。

製造業であれば、製品の全ての部品に

コンピュータ、センサーを付けて、

監視をすることができます。

これにより、どの部品の品質が悪い、

ですとか、故障したら、イベントを

発生させて、すぐにサポート部門に

連絡が行くようにするなど、

いくつでもアイデアが出てきます。

どうすれば、お客さんに喜んでもらえるか、

どうすれば、売上を上げられるのか?を

一生懸命になって模索しているところなのです。

今までで人工知能とビッグデータのお話を

してまいりましたが、

ビッグデータが取れれば、

人工知能をうまく活用する

ことができること

はご理解いただいてますかね?

人工知能、ビッグデータ、IoTをセットにして、

ソリューションを考えると上手くいくのです。

ばらばらに各々の技術、定義を見ていても

「はぁ?」とまちゃまちゃ(分からない

お父さんはへごめんなさい!)

になるだけのです。

これからの時代に必要となる能力とは?

このような時代が来るとなると、

大切になってくる能力は

どのようなものでしょうか?

きっと、

今、存在しないものをイメージしたり、

一から、創造する力

のはずです。

これは、従来のような、知識を詰め込む

ような教育ではうまくいかないと思うのです。

このような考えがあるので、

娘には、人と違うものの見方を

教えるようにしています。

残念ながら、今の教育には、

(ある一部の教育機関を除いては)、

このことを期待できません。

ですから、父親(母親)ががきちんと、

勉強をして、理解をして、行動しながら、

自分の言葉で、娘さんに伝えないと

いけないと思うのです。

目的のない勉強は虚(むな)しいものですが、

娘さんの将来のために、と思えば、

モチベーションも高まってくると思います。

そうしたら、色々なものに興味が

湧いてくると思います。

これから、「大変苦しい時代が来る」ではなくて、

「大変な変化がおきそう。でも、ワクワクして楽しそう!」

がいいです。

「よっしゃ。一番上手(うま)く、その大きな波に

乗ってやろうじゃないか!」

と思うと、元気が出てきますよ。

大手幼児教室が絶対に教えてくれない 「幸せに有名小学校に合格するための勉強法」冊子版1年間メール相談付

『自分の軸の企画書』

スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク
%d bloggers like this: